2022年1月7日金曜日

アダムとエバとイエス様

 アダムが失敗したために、代わりに送られたイエス様は第二アダムです。
聖書でも、イエス様のことを後のアダムと言いました。
先祖を失ってしまったので、真の先祖を復帰しなければなりません。
(真の父母経42ページ)

堕落していないアダムとエバは、人類の真の先祖です。
真の父と母です。体をまとった人類の真の父母です。
そのアダムとエバが堕落したため、人類がサタンの子孫になったのです。
アダムとエバが堕落せずに、本然の神様の心情に通じて、神様が喜ばれる中で、善男善女として成婚式を執り行い、人類の真の父母になったとすれば、万物はアダム、エバと和動しながら、喜んでその過程に必要とされるものになったでしょう。
(同25ページ)

アダムとエバを失ってしまったということは、アダムとエバの一族を失ってしまったことになるのです。
その一族が拡大されて民族になり、一つの国家を形成し、一つの世界に拡大されていたはずなのですが、すべて失ってしまったというのです。
ですから、アダムとエバを失ってしまうことによって、天の国の王権を中心としたその王国を失ってしまい、天の国の民族を失ってしまい、天の国の氏族を失ってしまい、天の国の家庭を失ってしまったのです。
堕落しなかったならば、アダムとエバは真の愛による理想的な真の夫婦になり、さらには真の父母となって、その子孫と全人類の真の先祖になったでしょう。
(同26ページ)

イエス様は、堕落していない真の父母でした。
真の父母の使命を持ってきました。
人間の先祖、アダムとエバは、堕落することによって堕落の血統をつくってしまいました。彼らは神様が望む本然の理想世界、堕落していない世界で、神様と一体になって神様の直系の血統を受けた息子、娘を生むべき真の父母になることができず、サタンと因縁を結び、死んだ子を生んだサタンの頭になったのです。
したがって、今日、人類はすべて、偽りの父母に出会いました。
ですから、偽りの父母の血統を否定して、真の父母に出会わなければなりません。
(天聖経173ページ)

(iyo )
上記に「イエス様は、堕落していない真の父母でした。」と書かれているので誤解されるかもしれませんが、この後の文章にもあるように真の母を兼ね備えているわけではなく、これから真の父母になる予定でした。平たく言えば、嫁さんを探し出し、家庭を持ち、子を生んで初めて父母です。
どこかほかに神の国をつくるわけではなく、自分自身が理想のモデル家庭となり、拡大して行かなければ神の国はできません。
アダムとエバはこの過程で失敗しています・・・・これは容易ではありません。それで神様もひと言「とって食べると死ぬぞ」とわざわざ警告されたのです。
アダムとエバの時は それでもまだ容易でしたが、イエス様の時代になれば周りには敵も沢山います。
イスラエル民族が、独身のイエス様の時代から完全にイエス様に従えば素晴らしいことですが、それでも、やがてはイエス様自身が家庭を持たなくてはなりません。アダムとエバが獲得できなかった人類始祖としての立場を達成できるようになれば「アブラハムの前から私はいるのだ」と言えます。・・・・当たり前の考え方だと思うのですが、既成の解釈は、イエス様と魔法使いとを混同しているところが大いにあると思います。

以下、ふたたび先生の講話です。

堕落がアダム家庭から始まったので、本然の姿に帰っていく復帰の目的は、アダム家庭の復帰完成にあります。神様は、世界と国を求める前に、民族と教会を求める前に、御自身の相対を求め、一つの中心家庭を求めるのです。
神様は、歴史を通して、御自身の理想的な対象になり得る真の家庭を求めてこられました。この真の家庭は、私たちが習慣的に生活してきた家庭とは、内容が根本的に異なります。
神様を中心とした理想的な真の家庭を探し出すことができなければ、理想的な国も世界も探し出せません。本然の真の家庭を先に立てなければならないという原則が、ここにあるのです。ですから、個人の救いが目標ではなく、真の家庭が救いの基本単位となります。
(真の父母経26ページ)

キリスト教の核心真理は、驚くべきものです。イエス様のことをひとり子と言いました。ひとり子とは、アダムのことです。堕落したので、ひとり子がいなくなり、ひとり娘がいなくなったというのです。ひとり娘は、サタンに奪われました。神様が造ったものを、サタンがすべて台無しにしたので、それを取り戻さなければなりません。アダムを中心としてエバを造ったのと同じように、天の新しい息子の種を送って、エバを再び創造しなければなりません。(真の父母経35ページ)

イエス様は、「私は神様のひとり子だ」と言いました。
ひとり子に必要なのは、ひとり娘です。
イエス様がこの地上で世界を救うために出発しようとすれば、一人ではできません。
家庭の土台を整えなければなりません。

ひとり子だと主張したイエス様の目的は、世界を統一して号令することです。
それをする前に家庭をつくらなければならないのです。
・・・・(中略)・・・・
一つのモデル家庭が出てこなければならないのです。
(真の父母経36ページ)

ユダヤ教とイスラエル民族が責任を果たせなかったので、イエス様は「再び来る!」と言われました。神様は四千年ぶりにひとり子を探して立てましたが、ひとり娘は探し立てられなかったのです。
神様がアダムとエバを創造したように、ひとり子がいれば、ひとり娘もいなければなりません。イエス様と聖霊の摂理が、正にそれです。(同33ページ)

神様は、六千年間何をされ、神様の一貫した歴史的な望みとは何だったのでしょうか。それは、一人の母を探し出すことです。アダムを送ったあと、すなわちアダムを再創造したあと、彼を通して一人の母を探し出そうというのです。これは再創造です。本来、神様がアダムを創造したあと、アダムを中心としてエバを創造したので、再創造においても、アダムを送ってエバを探し出すのです。つまり、母を探して立てるのです。(同87ページ)

イエス様は、イスラエルの国を中心として、世界を平和の王国にするためにこの地に来られましたが、いくら彼に能力があり、実権があってそれを成し遂げると考えたとしても、家庭を築くことが出来なければ失敗するのです。
世界は、家庭が集まってできるのです。
この家庭は、心と体が闘う人たちでは築けません。
いくら絶対的な権威をもって死の峠が迫ってくるとしても、天道を捨てる人になるならば、神様が願われる家庭を築くことはできないのです。
心と体が一つになったひとり子が、心と体が一つになったひとり娘を迎えて家庭を築くのです。
家庭をつくるまでは、世界を復帰したとしても、それをまた失うようになります。
家庭は血統が連結されたものです。
民族全体が血統で連結されれば、同族になるのです。
(同34ページ)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人間は万物の霊長

 神様は、アダムとエバの外的で生物的な成長のための足場として、美しく繊細に準備した環境である万物世界を創造されました。このような環境の中で人間は成長し、発展します。 神様のより深い関心は、人間の内的性稟と愛の人格にありました。彼らは、真の愛の経験を通し、神様の真の愛に似て完成する...