2022年11月14日月曜日

マインドコントロール?

 以下、教会の草創期に韓国で起こったこと

「すべての人が『死ね』と言い、『滅びろ』と言ったにもかかわらず、私は滅びませんでした。
なぜ滅びなかったのでしょうか。人々が罵れば罵るほど、私が孤独であれば孤独であるほど、涙を流して私を慰労する人が次第に増えたからです。
私が刑務所に入っていれば、我先にと刑務所に面会に行こうとするのです。
また、統一教会員たちは、午前八時以降に面会ができるのに、夜中の一時から列をつくって座りながら待っているのです。それが西大門刑務所での記録です。
ですから、人々が『人々を狂わせるにしても、どうやったらあそこまで狂わせることができるのか』と言ったのです。」(真の父母経775ページ)
(iyo)(1955年7月4日拘束され、西大門刑務所へ。10月4日無罪釈放)

「梨花女子大と延世大事件の時、三か月の間に梨花女子大がひっくり返るような出来事が起きました。
三か月の間に百人以上の学生が統一教会に通ったのですが、学校側が反対して通わせないようにしたため『お風呂に行く』と言っては統一教会に行くようなことまで起きました。
ですから、学校側が緊急対策を立てて防がざるを得ませんでした。
それで、「(学校側では)統一教会か、梨花女子大か、二者択一しなさい」と言ったのです。
どれほど切迫していれば、そのようなことを迫るでしょうか。
統一教会に通う学生たちはみな「退学する」と言いました。
・・・・(中略)・・・・
それで、金活蘭総長が『統一教会について調査しなさい』と言って、そこの社会事業課長を努めながら神学や宗教問題について全権を握り、責任をもっていた金永雲博士を送りました。
そのようにして金永雲が来たのですが、一週間で180度ひっくり返ってしまいました。
・・・・(中略)・・・・
(梨花女子大は)アメリカのメソジスト教会の財団から一年に数十万ドルずつ、それ以外のところからも様々な支援を受けていたのですが、その支援が打ち切られそうなので、これを歓迎することはできないというのです。
ですから、政府を通して(先生を)叩き潰すために、大統領まで動かしたのです。」(真の父母経769ページ)

(iyo)当時、梨花女子大の副総長は朴マリヤといい、副大統領夫人。
最終的に退学になったのは梨花女子大では14人。
金永雲博士はその後、統一教会の宣教師としてアメリカ開拓をされました。

「統一教会員たちが激しく反対され、迫害されていた頃は、おばさんたちが、買い物かごを下げて『市場に行く』と言って出ていくのですが、気がついて見ると統一教会についているのです。そのようなことが普通に起こりました。
珍しいことでもありませんでした。ですから、狂ったとか、何か電気装置を仕掛けたと言うのです。」
(真の父母経772ページ)

(iyo)上記は西大門刑務所入監のころのこと。
先生は刑務所に6回も入っています。
普通に考えれば大悪人!
「はじめに」の中にも少し書きましたがアメリカでも刑務所に入っています。
(1984年7月20日 コネティカット州ダンベリー連邦刑務所)

以下はアメリカで!

「アメリカの監獄に入っても、心配はしませんでした。監獄がどれほど気楽か分かりません。私は、以前は三時間しか寝なかったのですが、そこでは八時間寝なければご飯をくれないのです。」(真の父母経810ページ)
(iyo)・・・・まさに常連さんです。

「私が監獄にいた時、監獄にいる人の中で私に従ってこようとする人が本当に沢山いました。
だからといって、私が説教をしたわけでもありません。話はしませんでしたが、毎日過ごす生活を通して彼らに影響を与えたのです。
ダンベリーにいた人々に、私が『集まりなさい』と言えば、恐らく監獄から出てきた人は、みな来るだろうと思います。」(真の父母経810ページ)

「ダンベリー刑務所から出てくる時には、多くの囚人たちが歓送しようとしました。
そうして、私が何日の何時に出所するかを彼らがあらかじめ把握したあと、『道に出て行って見送りしよう』と言っているのを刑務所の所長が知って、大変なことになったと考えたのです。
文某が出ていくとき、二百人近い人々がみな出てくれば大騒ぎになりそうなので、『午前八時に出所する』と言っておいて、七時に他の所から送り出したのです。
私が出発したあとに囚人たちがそれを知り、『全く、なぜそのようなひどいことができるのか』と騒ぎ立て、抗議したというのです。」(真の父母経821ページ)

(iyo)刑務所では七人以上集まらないようにとの制限があるとか。
アメリカでも当初は先生が若者達を洗脳しているという噂があったようです。
以下、「韓国地域社会開発研究院招請朝餐講演会」という長い名前の集会での冗談のような講話です。

「私は1975年12月18日、アメリカの下院議員たちの前で講演したとき、このように言いました。「賢明な議員の皆様に一言質問いたします。アメリカ人たちは韓国から来たこの人、いつも通訳をおいて説教するこのレバレント・ムーン(先生のこと)に洗脳されるほど、愚かな人たちですか」。私のこの言葉に、議員たちは名答を得たということでした。
アメリカの統一教会内に密かに侵入した一人の新聞記者は、統一教会の棚の隅々をくまなく探し、レバレント・ムーンが洗脳工作に使う薬の瓶を探すのに血眼になったそうです。何か薬を飲ませて洗脳しているものと思ったようです。そのうち、彼は一和の高麗人参茶の瓶を見つけたのです。「ああ、これだ!」と言って持って行ったのですが、いくら飲んでみても、何の精神的な変化も起こらず、気分だけが良かったそうです。
アメリカの青年たちは、私が持っていった何かの薬を飲んで洗脳されたわけではなく、神様が私にくださったみ言を聞いて、人格革命が起こるのです。韓国の地を通して神様が下さった新しいみ言は、一度聞けば人格革命が起こります。極めて利己主義的なアメリカ人たちが、世界のために犠牲になろうと立ち上がります。」(平和経1174ページ)

日本でも・・・・!
このブログの中に「家庭は幸福の基地」という見出しがあります。
これは、うちのグループでは最も大切な教えの1つですが、一般には必ずしもそのようには見えなかったようです。

例えば、先生の講話から引用すると、こんな具合に家庭の重要性を説いています・・・・
「個人の価値と尊厳性は、真の家庭の安定した基盤の上で一層高揚され、光輝くようになります。家庭は、男性と女性が互いに尊重し合い、和合しながら暮らすことを学べる最高の場所です。結局、人々は、人生で最も重要な要素である真の愛を、家庭の中で完全に学ぶようになるのです。世の中に対する価値認識は、一次的に両親や兄弟姉妹から影響を受けるようになります。家庭は愛を学ぶ最高の学校です。家庭こそが理想社会と平和世界の礎石なのです。」(平和経878ページ)

しかし・・・・これを読んで「よくもずうずうしく言えるものだ!」と思われる方もおられるのではないでしょうか(?)
かなり昔のことですが、「親泣かせ原理運動」などとも呼ばれ、社会現象のようにもなりました。一旦、教えを聞くと特に若者などが、何もかも捨ててこの道に飛び込んでしまったりしたためです。
家を継ぐことになっていた長男が突然家を出て行ったりして、親から見れば、自分への信頼やこれまでの価値観を全面的に否定されたようなものです。どれほど落ち込むでしょうか。

実は、そのようにしてこの道に来た現在の信徒の中にも、「もう家に帰ることはないだろう」とか、「もう家には帰れない」と思っていた方もいたようです。

一般のキリスト教会から来た方もいましたし、実は初代の会長ももとは立正佼成会の幹部で、国会議員への出馬を考えていたほど位置のある方だったのですが、身一つで夜逃げするようにやってきて、なんと廃品回収から再出発しています。

ところがある日、先生から「還故郷せよ」という指示が出ました。
生まれ故郷に戻って、その地域のために尽くし、信頼を得、教えを伝えなさいということです。
「これは困った!」と思ったメンバーも多かったようです。中には、実家の親の前で、成り行き上捨て台詞を吐くようなかたちで家を出てきた方もいます。「今さら帰れって・・・・そんな!」

日本の「親泣かせ原理運動」よりも前に、もっと過激に起こったのが、上記韓国での「梨花女子大学事件」です。
ネット上で検索してもすぐに見つかりますし、先生の自叙伝にも詳しく書かれています。
(「平和を愛する世界人として」 文鮮明自叙伝 文鮮明著 翻訳・編集協力:株式会社 光言社)

ところで2000年前のイエス様当時のことを考えると、ここでも似たような状況が起きていたのではないかと思います。
マインドコントロールの元祖はイエス様・・・・?!
イエス様のもとには何千人もの人が集まってきました。信者を取られた既成のユダヤ教会(当時は律法学者やパリサイ人など)が怒りに燃えるのも当然でしょう。
当時は人間の生命は現代よりずっと軽く扱われていたので、十字架にまで架けられてしまいました。(新約聖書の4つの福音書参照)・・・・既成のキリスト教会では、イエス様は十字架に架けられるために来られたと教えていますのでこれで良しとなるのかも知れませんが!
イエス様は捕らえられ、総督ピラトによって罪の有無を調べられましたが、罰を受けるような罪は見出せませんでした。しかし当時のユダヤの民衆があまりにも強く十字架に架けることを要求し、そのまま何もしないと暴動さえ起こりかねないほどだったので、ピラトも折れました・・・・「あんたがたが自分たちの法で裁くのがいいだろう。この人の血には私は感知しませんよ」と言って民衆の前で手を洗ったとのこと。(新約聖書 マタイ27/24等)
ピラトは民衆が妬みのために十字架刑を要求していることを知っていたのです。(マタイ27/18)

本然の男女の愛と祝福

 いくらきれいな娘にも、思春期はたった一時しかありません。その時は花の中の花であり、一生で最も貴い時です。それにもかかわらず、「私一人で暮らそうか」と考える女性がいますか。それは女性ではありません。また男性たちの中でも、体格が良くて立派で、とても良い若者に、自分一人で生きよう、と...